いつでも好きなときに楽しめる魅力!?ホームサウナの豆知識を幅広くご紹介

自宅にホームサウナを導入することで、ウィルスなどの感染を気にすることない、1人用のホームサウナなら自分だけの空間を設けることができる、そして移動などをせずに好きなタイミングでサウナに入れるなどのメリットがあります。ホームサウナには、このような魅力がありますが大きく分けると乾式と湿式の2つの種類があり、その違いや特徴を理解しておくことが大切です。また、ホームサウナは10年前後が耐用年数といわれていますが、これは適切なメンテナンスやお手入れをした場合です。

ホームサウナの豆知識!サウナ室の温度分布と使い方のコツ

一般的なサウナの室内は、板張りのベンチが階段を形成されるようスタイルで設置されていて床面とベンチの最上部では温度差があります。90度に設定している場合、床から15センチ程度の高さで約40度、上に行くほど高温になり天井近くでは105度くらいの温度分布です。ホームサウナの場合も、上に行くほど温度が高くなるよう設計を行うことで利用時の体調および使用時間などに合わせて座ったり寝転んだりする場所を移動して快適な汗を流すことができます。 なお、ホームサウナで理想的な温度分布にするためにはサウナストーンを使うのがポイントです。サウナストーンに水をかけることで、石にかけられた水が蒸発する際に吸気口から新鮮な空気が入って来て空気の対流が良くなることで理想的な温度の分布を作り出します。ただ、これは優れた吸排気システムを装備しているホームサウナだからできることです。ホームサウナを選ぶときには、吸排気システムの良し悪しなども確認しておくことが大切です。

ホームサウナを作るときに考えたい交替浴

ホームサウナがあると、いつでも好きなときに汗を流すことができるため施設に出向く手間やお金を節約できるメリットがあります。ただ、サウナ店のような本格的なものを作ることが難しい、このように考える人も多いのではないでしょうか。基本的に専門店とホームサウナの違いは規模で、お店は大勢のお客さんが訪れる関係から空間が広くなっていたり、水風呂なども種類が豊富で好みの風呂に入ることができるメリットを持ちます。なお、交替浴はサウナの上手な入り方のポイントでもあり、ホームサウナにもこのような機能を取り入れることが大切です。 個人差や室温などにもよりますが、入室してから10分前後で適度な汗が出て来ますが、気持ちよい汗出した後は冷たすぎない浴槽やシャワーを利用して冷水浴を行います。次に、お湯を入れた足桶に5分程度足を浸して足温浴を行い、これを繰り返すことを交替浴と呼びます。ホームサウナで期待できる効果は、サウナそのものだけでなく冷水浴や足温浴などを繰り返すことで得られるものです。

ホームサウナで期待できる効果とは?

仕事が忙しいとなかなか汗を掻く機会が作れない為、代謝が著しく低下していたり運動不足が深刻な状態になっていて体力の衰えを感じることも多くなると思います。 しかし、代謝が悪くなってしまうと太りやすい体質に変化するだけではなく、肌トラブルが絶えなくなって病気になるリスクも高まってしまうことになるので、健康的な体作りを目指していく為にもぜひ自宅にホームサウナを設置することを検討してみてはいかがでしょうか。 簡単に運べるサイズであまり邪魔になることがありませんし、ホームサウナがあるだけで健康を維持していけるメリットも得られるようになるところが魅力になります。 また、ホームサウナを利用することでどのような効果が期待できるのかと言うと、一番は代謝がアップしてむくみや冷えを解消していけるようになること、汗を掻くことで汚れなどを取り除くことができるようになり、健やかで清潔感のある素肌を保てるようになるなど良い効果が盛りだくさんです。

ホームサウナの室温や体温調節機能の知識

ホームサウナの室温は85度から95度、こんな高温度に体を晒して大丈夫なのか、初めての人は気になるのではないでしょうか。人間の体は皮膚や筋肉で構成されている外部組織と、その奥にある内部組織で構成されています。それぞれ異なる体温を持ち外部組織は環境の変化に柔軟に対応できますが、内部組織は常に37度前後に維持しなければなりません。これは、内側の組織を守るため外側の組織が37度前後に保つためのコントロールを行う体温調節機能によるものです。 ホームサウナで体が熱せられると皮膚の直ぐ下にある血管に温かい血液が流れ込む、この血液は発汗により気化熱で冷却されて再び内部に戻って体が冷やされるメカニズムを持ちます。そのため、ホームサウナで体を温めることがあっても熱し過ぎることはない、生まれながらに持ち合わせている体温調節機能です。なお、サウナで効果的に健康維持を得るためには、サウナ浴~冷水浴~足温浴を繰り返すことが大切で、ホームサウナは浴室などとの距離も考えることが重要です。

ホームサウナのメンテナンス方法①サウナストーンはこまめに交換

サウナはフィンランド発祥といわれおり、フィンランドに住んでいる現地の人々は自宅でサウナを楽しむ目的で庭にホームサウナを導入しているケースも多いようです。比較的広い庭を持つ家が多いので、自然を感じながらサウナを楽しめる、これは日本ではなかなかできない楽しみ方といえいましょう。スチーム式のサウナの場合は、ストーブの熱を使いサウナストーンを加熱する、ここに水をかけると水蒸気が発生して室内の温度や湿度を上げる仕組みです。ホームサウナの耐用年数は10年程度といわれていますが、これはメンテナンスの仕方により8年くらいで寿命が訪れてしまうこともありますし、しっかりメンテナンスをしていると長持ちすることもあります。なお、サウナストーンは香花石と呼ぶ特殊な石で、長く使っていると割れてしまうことも少なくありません。割れたままで使っていると温度や湿度調節が難しくなるので割れたものは取り除くなど、こまめに交換が大切です。

ホームサウナのメンテナンス方法②温度計や湿度計が壊れていないか確認

ホームサウナを作ったけれども、長く使い続けるためのメンテナンスにはどのようなことに注意しなければならないのか、これはこれからホームサウナを導入する人は必ず知っておくポイントです。サウナストーンは、香花石と呼ぶフィンランド原産の火成岩で、ストーブの上で高温度に達した石に水をかけると蒸気が発生して室温を上げるなど調節する役割を持ちます。サウナストーンは過熱と冷却を繰り返すことで劣化して割れてしまうこともあるので、定期に交換することが大切です。 ホームサウナにも温度計や湿度計などの設備を導入していることになりますが、計測器が故障すると脱水症状を引き起こすことにあるため、こまめにチェックして故障しているときは早急に交換する、他にもサウナストーブや安全保護装置、温度調整装置なども不具合があるときには早めに修理を依頼しましょう。ちなみに、ホームサウナの耐用年数は10年前後といわれていますので、これを目安に設備などの交換を検討すると良いでしょう。

ホームサウナのメンテナンス方法③設備の劣化を感じたときは速やかに交換修理

自宅に設置したホームサウナを安全に使用するためには、定期的にメンテナンスをすることが重要です。メンテナンスを怠っていると、設備の一部に不具合が発生している場合にも、長期間わからなくなることがあります。メンテナンスを定期的におこなうことにより、このような不具合が発生しても早期に発見できます。メンテナンスを定期的に実施していれば、使用している時に設備の劣化を感じた場合にも、素早く対応することができます。設備が劣化していると感じた時には、部品などが古くなっていることもあるため、できるだけ早く交換することが必要です。場合によっては修理が必要なこともあるので、安全に使用するためには、これらの交換や修理をスムーズにおこなうことが不可欠です。ホームサウナのメンテナンスを定期的に実施することにより、このような交換や修理を必要とする部品のことも、簡単に調べることができます。複数の部品を修理しなければいけないこともあるので、十分に検査をすることが必要です。

ホームサウナは一人用のコンパクトなボックスタイプ

サウナに行ってととのう感覚を味わいたいと望む方が最近急激に増加していますが、毎回サウナ店に行って利用するとなるとかなりのコストがかかってきますし、移動時間も毎度かかってしまって家計の負担になりやすいところがデメリットになります。しかし、コストのことを考えずにもっと気楽にサウナを楽しみたいと希望する方の為に開発されたのがホームサウナになるので、自宅で自分専用のサウナを満喫していきたいと希望しているならぜひボックスタイプのホームサウナを購入してみることをおすすめします。 ボックスタイプのホームサウナは少し狭い印象があるかもしれませんが、一人用として開発されているので自分だけなら十分なスペースを感じることができますし、電気代もそこまでかからないので電気代が高騰するなどの心配をしなくて済みます。ただし、意外とサイズが大きいものもあり、家の中に運ぼうと思っても入らないことが多々あるため、買う前にサイズの確認だけは怠らないようにしていきましょう。

ホームサウナは大きく分けると乾式と湿式の2種類に分類

フィンランドは庭が広い家が多く、多くの家に屋外型のホームサウナを導入しているといいます。日本の住宅事情を考えるとホームサウナを自宅に導入することは難しいイメージがありますが、ホームサウナの多くは一人用のコンパクトサイズでボックスタイプから設置できます。ボックスタイプは意外と場所を取らないため導入しやすく、正しく使用してこまめにお手入れやメンテナンスを施しておけば長期的に使い続けることも可能です。なお、ホームサウナは乾式と湿式の2つに分類されます。乾式は、約80〜90度で湿度がほとんどないタイプ。高温による血液が循環されて心臓の動きを活発にする効果を持つため、有酸素運動に近い効果にも期待できるといいます。湿式サウナは、約38〜50度前後と比較的温度が低めですが、湿度の高さ特徴です。湿度は100%などから、温度が低くても体感温度が高く感じることも少なくありません。いずれの方式でも、水分補給をこまめに行うことや心拍数が高くなることによるリスクを注意するなどが大切です。